エクオールとは?エクオールサプリで更年期症状の改善効果や副作用は?

女性ホルモン

近年、更年期症状にエクオールが良いと言われていますが、どのように更年期の症状に効果があるのでしょうか。また、エクオールを摂取する場合、注意する点や副作用はあるのでしょうか。

更年期の症状の原因の一つである女性ホルモンの働きと共に説明していきたいと思います。

エクオールとはどんな物質?

エクオールとは?

エクオールは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする物質です。更年期の症状には女性ホルモンの働きが大きく関係しています。更年期になると女性ホルモンの分泌の減少によって、更年期の辛い症状が出てきます。

これに以前から効くといわれてきたもので、イソフラボンがあります。大豆製品を食べることによって、腸内で腸内細菌によって「エクオール」という物質が大豆イソフラボンの一種によって作られます。そして、エクオールに変化し、体内に吸収されます。

エクオールを体内で作れる人

エクオールは全ての人が体内で作れるのではありません。生活習慣が乱れている人ほど、エクオールの生産はできなくなっています。例えば、タバコを吸う人は体内でエクオールが生産できないという報告もあります。

エクオールを生産するためには腸内細菌が腸の中に存在しなければなりません。その腸内細菌が少なくなるような乱れた食生活をしているとエクオールは体内で作れなくなります。日本の食の欧米化によって、エクオールを体内で作れる人が少なくなってきているといわれています。

欧米化により、大豆製品を摂取する機会が減り、エクオール生産率が低くなってしまいます。欧米では2割から3割くらいの人しかエクオールを体内で作れないという報告もあります。

エクオールに含まれている成分

大豆製品からエクオールに変化する

大豆には大豆イソフラボンとポリフェノールが含まれています。その中に含まれる成分は大きく分けて、3種類あり、ダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインに分けられます。
この中のダイゼインという成分が腸の中の腸内細菌によって「エクオール」という物質に変化します。

エクオールの構造

エクオールは更年期に大切な成分である、エストロゲンにとても似た構造をしています。エストロゲン受容体にエクオールは結合し、女性ホルモンに似た作用をもたらしてくれます。

更年期の症状にはエクオールが効く

更年期の症状と障害

更年期は45歳から55歳くらいの時期を言い、女性はこのころになると色々な辛い症状が現れてくることが多いです。その大きな原因として挙げられるのは、閉経です。40歳を過ぎてくると卵巣機能が徐々に弱まり、その後閉経を迎えます。

卵巣機能が弱まると卵巣からの女性ホルモンの分泌が減少してきます。この女性ホルモンの一つにエストロゲンという成分がありますが、そのエストロゲンの分泌が大きく減少してきます。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少すると、脳で女性ホルモンを分泌するようにと卵巣に指令を出すのですが、卵巣機能が弱まっていると思うように女性ホルモンを作り出すことができません。

女性ホルモンが分泌されないため、脳では引き続き、女性ホルモンを分泌するようにと指令が出され続けます。これにより、ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れるため、体調が悪くなってしまうのです。

めまいやほてり、動悸など、その症状は多岐にわたります。それらの症状をまとめて、更年期障害と呼んでいます。

更年期症状にエクオールが効く理由

更年期の症状には女性ホルモンであるエストロゲンの働きがとても大切なことを先ほどお話しましたが、そのエストロゲンの働きにエクオールがとても似ています。エストロゲンが減少してくる更年期にエクオールを摂取することにより、自律神経を整え、更年期の様々な症状を緩和してくれます。

エクオールのメリットと注意すべき点

女性ホルモンに似た働きをする

先ほども記述したように、エクオールは女性ホルモンに似た働きをするためホルモンバランスを整え、症状を軽くしてくれます。ですので、代表的な更年期の症状である、頭痛や、動悸、息切れ、めまい、胸の痛み、汗などの症状を緩和してくれる作用があります。

骨を強化する

女性ホルモンには、骨を健康に保つ作用があります。ですが、更年期になると女性ホルモンが現象してしまうので、骨量が減少してしまい、骨粗しょう症になったり、骨折しやすくなってしまいます。

エクオールはエストロゲンに似た働きをするため、骨からカルシウムが溶け出してしまうのを防ぐ効果があります。エクオールを摂取している人としていない人との骨密度を比較すると、骨密度減少率がエクオールを摂取したひとは50%の減少にとどまったという効果が発表されています。

美肌効果

エクオールはお肌の老化を防ぐ働きがあります。肌は一定のサイクルで生まれ変わっており、女性ホルモンはこの肌の生まれ変わりを活性化してくれる働きがあります。

ですので、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするエクオールを摂取することにより、肌のターンオーバー機能を高め、美肌に導いてくれます。しわの進行を抑えられたという研究結果報告もあります。

その他にも様々な良い効果が!

エクオールには先に挙げた効果だけでなく、メタボ予防や血管内皮作用、抗酸化作用、脂質の代謝など様々な効果があります。

エクオールを摂取する際の注意点

エクオールのサプリメントを飲むにあたって、気をつけることは、長く続けるということです。エクオールには即効性はありません。3ヶ月はかかると思ったほうが良いでしょう。また、エクオールは体内に蓄積できません。ですので、毎日続けて摂取することが大切です。

エクオールを摂取することによって、たまに胃痛や便秘、下痢が起こる人もいると言われていますが、そのような人は本当に少ないといわれていますが、もしそのような症状が起こった場合は、飲む量を減らすなどして対応したほうが良いでしょう。

ですが、エクオールは女性ホルモンそのものではありません。ですので、副作用というものは存在しませんので、安心して摂取することができます。女性ホルモンが原因で起こる乳がんがありますが、乳がんになることもありません。

エクオールと女性ホルモンは似た働きをする物質というだけでまったく違う物質ですので、心配する必要はありません。エクオールを飲むことによって太ったりすることもありません。むしろ、メタボ予防になります。

エクオールをどうやって摂るの?

エクオールを含むサプリメントを飲むという方法が一般的ですが、更年期に良いといわれているプラセンタを摂取したいという人もいるでしょう。どのように摂取したほうが効率的なのか説明していきたいと思います。

プラセンタ注射

エクオールと同じように更年期の症状を抑えてくれる、プラセンタを注射で摂取しようと考えている人も少なくないと思います。プラセンタの注射は医療機関で打つ必要があるため、事前に診察が必要です。

費用については、安くて1000円くらいのところもありますが、1万円くらいかかるところもあります。これには、注射方法の違いや他の成分の配合比率によっても変わってきます。筋肉注射や点滴といった方法がありますので、この方法によっても値段が大きく変わってきます。

また、注射は一度打てばいいというものではなく、定期的に打つ必要があります。ですので、1ヶ月にかかる費用は数万円になってしまうことは少なくありません。病院に行く際の交通費も考慮すると更に費用は大きくなってしまうでしょう。

▼プラセンタの詳しいことはこちらの記事で説明しています
更年期のプラセンタの効果や副作用は?注射とサプリどっちがいいの?

エクオールサプリメント

サプリメントは手軽にエクオールを摂取できるので、とても人気があります。また、注射と違い、病院に行かなくても良く、通販でも手に入れることができるので、家から出なくてもよいというメリットがあります。

更年期で辛い症状の中、外出するのが大変だという人もいるでしょう。そんな人にとって自宅にいてエクオールが注文でき、摂取できることは大きなメリットであると言えます。

値段は1ヶ月で3000円から5000円くらいで収まるサプリメントが多く販売されており、注射よりも大変お得といえます。

また、1日に2~3粒飲むだけで良いので、外出先でもエクオールを摂取することができ、手軽に続けることができます。

エクオールを積極的に摂取しましょう

エクオールは体内で生産できる人とそうでない人がいます。生産できない人も更年期サプリメントを活用することにより、更年期障害を緩和させることができます。手軽に入手でき、気軽に摂取できるサプリメントを利用して健康な毎日を送りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です