エストロゲンとは?エストロゲンを増やす方法とは?

エストロゲンとは?

エストロゲンという言葉を女性はよく聞いたことがあるのではないでしょうか。

女性のライフスタイルをつかさどると言っても過言ではないものとなりますが、そもそもエストロゲンとは何なのか皆さんご存知ですか。

これを知らない方はぜひここでそのエストロゲンの意味を知っておくと、これからの人生のためになりますので、ここで学んでいただきたいと思います。

それと同時に女性にとって不可欠となるエストロゲンを増やす方法をご紹介したいと思います。

エストロゲンって何?更年期障害とエストロゲンってどんな関係があるの?

エストロゲンと更年期障害の関係性
ここではエストロゲンとは何なのか、そして、更年期障害について調べているとよく聞かれるエストロゲン、この2つの関係性についてご紹介していきましょう。

エストロゲンって何なの?

女性ホルモンというのは皆さんもご存知ですよね。この女性ホルモンには2種類あり、プロゲステロンと、もう1つが、先ほどから何度も出てきているエストロゲンなのです。

プロゲステロンとは黄体ホルモンと呼ばれるものであり、受精卵が子宮に着床しやすくなるよう子宮内膜に働きかけて妊娠子宮するように促す働きがあるのです。

そして、めだたく妊娠すれば、出産が終わるまで子宮の中の環境をキープする効果があります。

一方、エストロゲンですが、これは卵胞ホルモンと呼ばれるもので、子宮内膜を増やして月経を起こさせるホルモンです。

子宮頚管の中では分泌液を増やし、受精しやすくなるようにしてくれる、そして、女性らしい体つき(丸みを帯びた体や胸を形成するなど)にしてくれたり、自律神経を整えてくれるなどの働きがあります。

エストロゲンの量が減ったらどうなるの?

上記を読んでもエストロゲンは女性の体に大切なものであるということはわかるけども、ある一定の時期を過ぎればそんなこともないのではないだろうかと思われるかもしれません。

ですが、エストロゲンの分泌量が減ることによって様々な障害が出てきてしまうので、見てみましょう。

例えば、お肌や髪の毛に潤いやハリなどがなくなってカサカサになってくる、自律神経が乱れて睡眠不足や頭痛、不安感などを引き起こす、骨粗しょう症にかかりやすくなるなど、実はかなりのリスクがあるのです。

逆にエストロゲンの量が増えたらどうなるの?

いくら良い成分であっても、その成分だけがずば抜けて体内にあったら、それは体にとっては負担がかかってしまうことなので、バランスを保たなければいけません。

女性ホルモンにおいてもそういったことが言え、エストロゲンの量が減るのもよくありませんが、増えてしまうのもよくありません。

実は、エストロゲンの増加によって、乳がんや子宮体がんにかかりやすくなるという、命に係わるようなことも起きてきますから、エストロゲンの量を増やし過ぎるのは避けてください。

特に、エストロゲンは排卵期に最大量を分泌しますので、この時期にさらにエストロゲンの増加を促すような行為(ホルモン注射を打つなど)は避けましょう。

エストロゲンと更年期障害はどう関係があるの?

では、このエストロゲンと更年期障害にどういった関係があるのかというと、これは大きな関係があると言えます。

というのも、更年期障害が起こる原因と言うのは、このエストロゲンの分泌量が減り、女性の体の中に通常も男性ホルモンは分泌されていますが、その分泌量が、エストロゲンの分泌量よりも増してしまうことにあるからです。

その結果、髪の毛が抜けてしまったり(薄毛)、自律神経へ乱れが出て頭痛などが引き起こされ、この辛さから「どうして私はこんな状態になってしまうのだろう」という考えが続いて不安感や焦燥感、おまけに鬱になってしまうなどの症状が出てくるのです。

ですので、エストロゲンの量を整えてあげることによって、更年期障害の症状というのは落ち着かせることができると言えます。

エストロゲンを増やす方法はこれ!

エストロゲンを増やす方法
上記ではエストロゲンが増えすぎた際のリスクもご紹介しましたが、多くの方の場合はエストロゲンの減少で悩み、最悪の場合更年期障害をもたらします。

では、このエストロゲンを増やすにはどんな方法をとったら良いのかというのを見ていきましょう。

直接エストロゲンを増やすなら病院でホルモン注射

単純にエストロゲンを増やしたいという場合には、病院に行ってホルモン注射を打ってもらうだけです。

よく、性転換された男性が女性らしい体を得るために女性ホルモンを注入していますが、それと同じことです。ただし、これはあまりお勧めできないことです。

確かに、簡単にエストロゲンは増やせますが、それと同時にリスクがあるということも覚えておいてください。

というのも、女性特有のガンなどの病気にかかりやすくなるため、更年期障害の一時的な(更年期障害は必ず終わりがきます)症状の回避のためにホルモン注射をうつのはおすすめできません。

その前に必ず医師も簡単にホルモン注射を投入しませんが、あらかじめこの副作用についても考慮しておきましょう。

食生活にエストロゲンを増やす食べ物を!

女性ホルモンに効果的な食材があるの?と、主されるかもしれませんが、日頃から皆さんが口にするようなものにもそういったものがあります。

例えば、大豆製品は代表的で、大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをするということから納豆や味噌、醤油や豆乳などを率先して摂取していただきたいです。

また、マグロやカツオはDHAも多く含み、体に良い魚として知られていますが、これにはビタミンB6が含まれています。

このビタミンB6がエストロゲンに働きかけてそのバランスをキープするという働きがあるので、女性には欠かせない食べ物といって過言ではありません。

さらに、多くの女性が大好きな食べ物、アボカドは、スーパーフードとしても知られていますが、スーパーフードは様々な栄養素がバランスよく詰まっているもののことを指しますよね。

その名の通り、マグネシウムやビタミンBやE、それに、葉酸や食物繊維にカリウムと、ホルモンバランスをキープするのに働きかける成分がたっぷりと含まれています。

ただし、どの成分も摂取のし過ぎはホルモンバランスの乱れを引き起こす原因となり、副作用をもたらしますから、絶対に適量を守るようにしましょう(納豆なら1日2パックまでが目安)。

サプリメントに頼ろう

バストアップサプリによく含まれている成分としても知られているのが、プエラリアです。この成分は、植物性エストロゲンを含む成分で、更年期障害の症状の緩和などにも役立つ成分としても知られています。

そして、お肌に良い成分としても知られているプラセンタですが、こちらは、エストロゲンの分泌量を増やす働きもあり、加齢による薄毛で悩んでいる方や更年期の症状で悩んでいる方のお悩みを解決してくれます。

また、お肌を潤す成分とされるローヤルゼリーですが、こちらはデセン酸という成分が含まれていて、エストロゲンと同様の生理作用をするとされていますので、エストロゲンの実質的な増加ではありませんが、体内ではエストロゲンと同じ働きをしてくれます。

エストロゲンは女性にとって重要な成分

女性が女性であるために必要な成分、エストロゲンがあることで毎日の生活を安定させることができます。

そんなエストロゲンの意味や増やし方をここで身に着け、ぜひこれからも素晴らしい生活を送っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です