更年期と不眠年齢を重ねると共に非常に多くの女性が経験するのが更年期障害です。更年期障害は卵巣機能の低下と共に女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌量が低下し、女性ホルモン不足を察知した脳が過剰反応することによって引き起こされます。

更年期障害の症状は様々ですが不眠や眠りが浅くなるという睡眠障害を訴えるケースも少なくありません。睡眠障害による睡眠不足で日常生活を送るのにも支障が出るほど、大変辛い思いをしている女性は少なくないです。

更年期障害によって引き起こされる不眠や眠りが浅いという睡眠障害の原因や対策を掘り下げながら紹介します。

なぜ更年期障害によって睡眠障害が引き起こされるのか?

更年期ではなぜ不眠になるのか?
女性ホルモン・エストロゲンの量が低下し、脳が過剰反応を起こし交感神経の混乱で自律神経失調状態になるのが更年期障害です。自律神経失調状態が睡眠障害に直接繋がる訳ではなく、更年期障害の症状により睡眠障害が発生すると考えられています。

睡眠障害を引き起こす原因とは?

睡眠障害は寝付けなくなる「入眠障害」、睡眠中に何度も目が覚める「中途覚醒」、起床時間よりも早く目覚め再入眠できない「早朝覚醒」、眠りが浅くなる「熟眠障害」の4つに大別することができます。

一般的に年齢を重ねると共に睡眠時間は減っていく傾向にあると言えます。成長期にはいくら眠っても眠り足りないと感じるものですが、年齢を重ねると体が欲求する睡眠時間が減少していくと言われています。加齢自体が不眠の原因となっているケースです。

年齢を重ねると共に体内時計機能が脆弱となり睡眠のリズムが乱れやすくなるので、規則正しい生活を心掛ける必要もあります。就寝時間が乱れても起床時間を徹底することで睡眠のリズムを保つことができます。また午前中に太陽光を浴びることで睡眠の質が向上します。

アルコールやカフェイン、ニコチンの摂取も睡眠の質に影響しますので、就寝前に摂取するのは控えることをおすすめします。また昼寝の習慣がある方も、長時間の昼寝や夕方のうたた寝は入眠障害に繋がりますので控えましょう。

睡眠障害を引き起こす更年期障害の症状とは?

更年期障害の代表的な症状として多汗やノボセ、ほてりを伴うホットフラッシュが挙げられますが、実はこれらの症状は睡眠中に何度も目が覚める中途覚醒や眠りが浅くなる熟眠障害などの睡眠障害を引き起こす原因です。

ホットフラッシュによって突然大量の発汗が生じる多汗はパジャマが絞れるほどの発汗を伴います。当然異常発汗の発作がでると発汗で目覚めることになります。

寝具が濡れてしまうので横になっているわけにもいかず夜中に起き出して着替えを行うことになり睡眠が妨げられます。多汗の発作が1晩に何度も出た場合は、睡眠中に何度も目が覚める中途覚醒の状態となり当然寝不足になってしまいます。

また多汗の発作の心配から眠りが浅くなる熟眠障害を引き起こす可能性もあります。

理由も無く体温上昇を自覚するノボセやほてりも安眠を妨げる原因となります。就寝前にノボセやほてりの発作が出ると寝付けなくなる入眠障害を引き起こす可能性がありますし、多汗の発作同様に中途覚醒や熟眠障害などの睡眠障害に繋がる可能性が高くなります。

睡眠障害を引き起こす更年期障害の症状緩和対策とは?

不眠の改善法
睡眠障害の解消には更年期障害のホットフラッシュの症状を緩和する必要があります。これらはエストロゲンの減少に脳が過剰反応し交感神経の働きが乱れ自律神経失調の状態に陥ることで発症するのですが、幾つかの対策が存在します。

ホットフラッシュ対策として体を冷やす

最もシンプルなホットフラッシュ対策ですが、即効性がある方法です。冷たいシャワーを浴びると体が覚醒してしまうので、ひんやりマフラーや熱さまシート、袋に入れた氷水などを利用して首の後ろや脇の下、太ももの付け根を冷やすことで体を冷やしてホットフラッシュの症状を緩和します。

ツボを押してホットフラッシュの症状をを抑制する

東洋医学で研究されたツボは個人差があるものの意外なほどの効果が期待できます。ホットフラッシュ対策のツボとして5つのツボが存在します。ノボセやホテリを抑制する場合は両耳を結ぶ線と顔の中心線が頭頂部で交差する部分にあるツボの百会(ひゃくえ)がノボセ対策に効果的なツボだと言われています。

また足裏の中指の下、親指の膨らみと小指からの膨らみが交わる部分にある湧泉(ゆうせん)はノボセとホテリ対策に効果的です。

多汗の発作対策には手の親指と人差し指の間の合谷(ごうこく)や乳首から3~5㎝上の屋翳(おくえい)、脇の付け根の約3㎝下にある大包(たいほう)、足の甲の親指と人差し指の筋の交わる部分の太衝(たいしょう)が汗を抑制するツボですので刺激すると多汗の発作対策効果が期待できます。どのツボも押すと痛いので探しやすいツボです。

睡眠障害を引き起こす更年期障害の原因療法は存在する!

ホットフラッシュによって睡眠障害を引き起こす更年期障害はエストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れで発症すると考えられています。逆説的に考えればホルモンバランスを整えることが更年期障害対策に有効です。

医療機関で行える更年期障害対策とは?

更年期障害はエストロゲンの減少による自律神経失調で発生することは既に紹介しました。医療機関でエストロゲンを補充するホルモン療法を受けることで更年期障害を引き起こす原因の対策を行えます。

医療機関で行うホルモン療法は直接エストロゲンを補充する形で行われるため、即効性の効果が期待できるのがメリットです。

しかし補充されたエストロゲンは時間の経過と共に消費されていきますから、定期的にエストロゲン補充を行う必要があります。また乳がん発生率が向上するリスクがあるとも言われるために、リスクが高い原因療法です。

更年期障害対策サプリメントによる女性ホルモンの摂取が効果的!

女性ホルモン・エストロゲンに非常に近い成分としてイソフラボンやサポニンが挙げられます。これらの成分を配合したサプリメントを服用することで、体内で減少するエストロゲンに変わってホルモンバランスを整えるのが更年期障害対策サプリメントの狙いです。

サプリメントによるイソフラボンやサポニンの摂取はエストロゲン補充を行うホルモン療法のように即効性はありませんが、服用を続けることで体内で減り続けるエストロゲンに変わってイソフラボンやサポニンが女性ホルモンの働きを代替することで徐々にホルモンバランスを整えていきます。

サプリメントは服用を続けることで効果を発揮しますから、時間の経過と共に減少するエストロゲンが徐々にイソフラボンやサポニンに置き換えられていくイメージを持つとメカニズムが理解しやすいのではないでしょうか。

更年期の不眠まとめ

女性にとって避けて通ることができない更年期障害の問題と更年期障害によって引き起こされる睡眠障害の問題は更年期障害の発生メカニズムをしっかりと掴むことで対策を講じることができるでしょう。

更年期障害サプリメントを利用してホルモンバランスを整える方法はローリスクでありながら効果の高い方法です。

更年期紹介が発症する前から服用することで更年期障害回避にも繋がるうえに、女性ホルモンの活性化によって美肌効果も期待できることから一石二鳥の更年期障害対策法ではないでしょうか。