若年性更年期障害の原因や症状は?病院ではどういった検査をするの?

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害という名前を聞いたことがありますか?ただの更年期障害であれば、きっと耳にした方も多いかと思います。しかし、若年性となると知らない方も少なくありません。

今回は、若年性更年期障害について、原因や症状についてご紹介いたします。

若年性更年期障害とは

通常、更年期障害と呼ばれるのは、50代前後の女性が閉経を迎えて発生する症状のことを言います。原因は女性ホルモンの減少によってバランスが崩れてしまうことです。

しかし、若年性更年期障害とは、20代から30代という年齢がまだ若い女性に発症します。症状は更年期障害と同様の症状です。

若年性更年期障害の原因とは

若年性更年期障害の原因とは
まだ閉経前に、更年期障害になってしまうのはどうしてなのでしょうか。

若年性更年期障害の原因は、やはり女性ホルモンが減少することによってホルモンバランスがみだれてしまい、卵巣機能が弱くなることが原因です。

現代社会ならではのストレスが大きく影響している可能性は高いといわれていますが、はっきりと断定できる原因はありません。不規則な生活や、ダイエット、睡眠不足などさまざまな症状が影響して引き起こされる可能性も高いのです。

しかし、ホルモンバランスがみだれることで、発生するのは更年期障害と同様です。

若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害の症状は、生理が止まってしまうなどがあります。毎月きていた生理が突然止まってしまったら…一度疑ってみるのもいいかもしれません。他にも、更年期障害と同様の症状が発生します。

更年期障害の症状とはどんなものがあるかご存知でしょうか。

更年期障害の症状は、いくつかありますが、必ず発生する症状というわけではなく、人によってさまざまな症状が起きます。例えば、「頭痛」「イライラする」「体が熱くなる」「冷え性になる」などもその症状の一部でしかありません。代表的な更年期障害の症状をまずは知っていただきたいと思います。

血管運動神経系の症状は、のぼせ・動悸・ホットフラッシュ・ほてり・発汗(多汗)・息切れ・冷え・むくみなどが主な症状です。

精神神経系 の症状では、めまいがする・立ちくらみがする・耳鳴り・頭痛・うつ状態・イライラする・不眠・喪失感などがあげられます。

皮膚・分泌系の症状では、皮膚の乾燥やかゆみ・しわが増える・肌荒れ・くち、のど、目の渇きが発生することが多いです。

他にも、運動器官系の症状では疲労感や肩こり・関節痛・腰痛・背中痛、消化器官系の症状では、食欲不振・便秘・腹部の満腹感・吐き気が出たりと胃腸にも影響が出やすいです。

また、泌尿器系の症状では、頻尿・残尿感・尿もれ、月経異常・不正出血・性欲低下・性交痛などの症状が更年期障害の主な症状と言われています。

若年性更年期障害でも、同様の症状が発生する可能性が高いため、注意が必要です。

どういう人がなりやすいの?注意すべきこととは?

どうゆう人がなりやすいの?
若年性更年期障害になりやすいといわれるのは、過度なダイエットや過度な運動の経験のある人や太りすぎている方、喫煙する人、ストレスを感じやすい人、生活リズムが乱れている人が当てはまります。

過度なダイエットや過度な運動の経験のある人

若年性更年期障害の原因の中でも特に大きいのが、この過度なダイエットや運動をしていた人です。

過度なダイエットとは、短期間で急激に体重が落ちた人などが当てはまります。どの方法でも、それがたとえ運動であっても短期間で急激な体重の減少は、からだに大きな負担をかけてしまうのです。特に、断食は注意が必要です。栄養が偏り、それによって女性ホルモンに異常が出ている可能性が高いためです。

過度な運動に関しては、スポーツ選手やアスリートが当てはまります。ずっと過酷なトレーニングをしていた女性などは、女性ホルモンが減少し、それによって若年性更年期障害を発症してしまうこともあります。

太りすぎている方

身長に応じて理想とされる体重があります。この理想の体重を大幅に上回っている方は注意が必要です。理想体重とは、BMI指数のことです。

計算方法は、体重(キログラム) を、身長(メートル)で割ります。それに、身長(メートル)をかけましょう。BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) × 身長(m)という式になりますが、これで出てきた数字がBMI指数です。BMIが22であれば適正な体重となります。

しかし、それよりも大きい数字の方は注意が必要です。太り過ぎている可能性が高く、生理不順といったトラブルが起きやすい身体になっています。

喫煙する人、ストレスを感じやすい人、生活リズムが乱れている人

喫煙、ストレス、生活リズムの乱れは、結果的に血行の流れを妨げ、女性ホルモンの分泌ができにくくなります。女性ホルモンが分泌されず、減少していけば、ホルモン全体のバランスがくずれてしまい、結果的に若年性更年期障害にもかかりやすくなってしまいます。
ストレスを受けるなというのは難しいかもしれませんが、喫煙、生活のリズムに関しては、少しずつでも改善していきましょう。

若年性更年期障害の治療方法

若年性更年期障害の治療方法
では、実際に若年性更年期障害になってしまった場合には、どうしたらいいのでしょうか。病院に行った場合には、どのような検査をされるのでしょうか?若年性更年期障害の治療方法について、まとめました。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

病院での検査

若年性更年期障害の際に受ける病院は、婦人科です。婦人科に行き、医師に更年期の検査を依頼しましょう。更年期の検査は、「問診」と「内診」で行われることがほとんどです。

「問診」は、クッパーマン更年期指数・SMI(簡易更年期指数)などが使われます。これらは、インターネットでどのような質問か調べることも可能ですので、気になった方は検索してみましょう。医師からの問診に応えていき、最後に出た合計点によって診断が行われます。

しかし重要なのはその後の「内診」です。若年性更年期障害の内診では、膣から専門の器具を挿入しておこないます。膣や子宮口などに異常がないかどうかを調べるための検査です。

内診は、女性の見られたくない部分を医師に見せなくてはいけません。どうしてもいやだという方は、内診を受けないことも可能ですが、今後不安を残さないためにも受けておくのがいいでしょう。だからこそ、どの婦人科を受けるべきか、事前に調べて女性の医師がいる婦人科に行くのがおすすめです。

さらに、ほとんどの更年期障害の検査で、血液検査が必要となる場合が多いようです。血液を検査することで、女性ホルモンの状態を見ることができるためです。血液を検査することによって、若年性更年期障害かどうか、さまざまなことが分かります。

血液の中の顆粒球とリンパ球の割合によって、自律神経のバランスなども調べることができるようです。血液検査は、若年性更年期障害の検査では必須の検査項目と言えるでしょう。

血液中のホルモン「エストラジオール」の濃度を調べ、その分泌量によって女性ホルモンの減少か正常かというのがわかります。ここで、ようやく検査も終了です。

若年性更年期障害でなければ、生理のバランスがストレスなどで乱れたという可能性も高くなります。しかし、万が一若年性更年期障害であったなら、医師と相談し、治療を行っていきましょう。

一般的な若年性更年期障害・更年期障害の検査は、5000円前後でおこなわれることが多いようです。保険が適用されるので、安心して病院へいってください。

まとめ

今まで若年性更年期障害なんて知らなかったという方がほとんどではないでしょうか。それくらい自分とは遠い病気だと思ってしまいます。しかし意外にも身近に存在する病気なのが若年性更年期障害です。まだなっていない方は、生活習慣に気を付けて、ならないように予防を行っていきましょう。万が一若年性更年期障害になっていたとしても、改善できるように医師と共に治療を行っていきましょう。早めの対策が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です