更年期と眩暈の関係性
40代を過ぎたあたりから、急にふらふらしたり、めまいがしたりすることが多くなった人は多いのではないでしょうか。これは更年期に多い症状の一つといわれています。

ちなみに更年期というのはおよそ45歳から55歳くらいの年齢の方のことをいいます。更年期にめまいが起こるのは特に女性に多く、更年期障害の一つとしてよく知られています。

ふらつきがする立ちくらみもそのうちの一つです。めまいだけでなく頭痛もする人もいます。この頭痛とめまいとずっと付き合っていかなくなくてはならないと思うと憂鬱になりますよね。

この更年期障害であるめまいと頭痛について、原因と対策について説明していきたいと思います。

更年期にめまいやふらつき、頭痛が起こる原因とは?

更年期になると、体内のホルモンバランスが変わることにより、身体の中で色々な不調が現れてきます。それが、めまいやふらつき、頭痛となります。

女性ホルモンの分泌が減少する

体内のホルモンバランスが変化する原因は閉経が大きく関わっています。閉経前後の期間は卵巣の働きが弱くなるため、女性ホルモンであるプロゲステロンやエストロゲンの成分の分泌が少なくなります。

分泌が少なくなると脳の中のホルモンに関係する部分から、エストロゲンを増やすようにと卵巣に指令を送ります。しかし、更年期の卵巣は機能が弱くなっているため、エストロゲンを思うように分泌できない状態になっています。
これにより、ホルモンバランスが崩れ、身体に様々な不調をきたしてくる原因となっています。ホルモンが減少することにより、血管が細くなってしまい、血流も悪くなります。これらがめまいやふらつき、頭痛の原因です。

ストレスによる自律神経の乱れ

更年期の女性は、周りを取り巻く環境が変化することが多く、ストレスも溜まりやすいです。例えば、子供も進学、親の介護、職場の人間関係、老後資金の悩み、夫の体調不良など多くの悩みを抱えて生活している女性がとても多いです。これらの悩みはすぐに解決できるものではないことが多く、毎日女性のストレスとなっています。

このストレスの多い環境の中で生活しているとめまいやふらつき、頭痛といった更年期特有の症状が強くなります。これは自律神経の乱れによるものです。

ストレスによって自律神経が乱れると、副腎に負担をかけてしまい、女性ホルモンの減少をより促してしまいます。この副腎というのは、腎臓の上にある臓器のことを言い、女性ホルモンの分泌に大きく関わっています。

副腎には髄質と皮質とでできており、この皮質が女性ホルモンを分泌しています。卵巣で女性ホルモンが作られていることはよく知られていますが、副腎皮質でも女性ホルモンは作られているのです。

副腎にはステロイドホルモンとよばれる抗ストレスホルモンを製造する働きがあるのですが、ストレスのある生活をしていると、ステロイドホルモンの分泌が少なくなり、副腎が弱ってしまい、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌も減少させてしまいます。

副腎にストレスがかかることも女性ホルモンの分泌が減少する一因となっており、めまいや頭痛を引き起こします。

自律神経の乱れは低血糖になったり、血圧が不安定になる

自律神経とホルモンは密接な関係にあることは先ほどお話しましたが、それにより、血管が細くなったり、血流が不安定になるため、低血糖や低血圧、高血圧を引き起こします。これにより、ふらつきが起きたり、頭痛が起きたりします。

更年期特有のめまいや頭痛への対策

このような更年期の症状とずっと付き合って生活していくのはとても辛いことです。できるだけ症状を緩和して生活していきたいものです。
ではどうしたら、症状が良くなるのでしょうか。

目を閉じ、横になる

急に立ち上がったりしたときにめまいが起こることはよくあることです。このようなときは、まず目を閉じることが大切です。目から入る情報を脳へ入れないためです。

横になれる環境であれば、横になったほうが良いです。無理をせず、症状が治まるのを待ちましょう。1分くらいすれば、症状も治まってくることが多いです。

食事に気をつける

更年期のめまいには女性ホルモンの減少が大きく関係していることはお話しました。更年期の症状に効く食事はどのようなものがよいかというと、一言でいうとやはり「バランスのとれた食事」の一言につきますが、特に食べたほうが良いものを挙げます。

いわしやさば、サンマなどの青魚は、αリノレン酸が多く含まれているため、血液の流れを良くしたり、脳細胞の正常化に一役かってくれます。

豆腐、納豆などの大豆も積極的にとることをおすすめします。大豆製品にはトリプトファンが含まれており、副交感神経の働きを活発にすることにより、めまいを起こりにくくする効果があります。

ピーナッツやアーモンドのナッツ類、ほうれん草などの緑黄色野菜も更年期障害に良く、ビタミンEが多く含まれていますので、疲労回復やストレスの軽減につながります。

スーパーなどで気軽に手に入る食物でめまいや頭痛に良いとされているのはこれらの食事を積極的に摂ることです。このような食事はやはり和食が良いとされています。

更年期サプリメントを補給する

食事ではなかなか摂れない更年期の症状に効く物質もいくつかありますので、その成分を摂取するためにはサプリメントを利用することも大切です。めまいや頭痛を改善するには、ホルモンのバランスを調整することが最も大切です。

それに有効な成分は大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をすると言われており、サプリメントを利用することによって効果的に摂取することができます。

また、サポニンという物質には自律神経の乱れを調整する作用があります。サポニンは高麗人参に豊富に含まれていますが、普段の食事の中で高麗人参を食べることはなかなか難しいと思います。

ですので、サプリメントを利用してサポニンを積極的に摂ることも効果的です。さらに、神経を正常に保つ働きのあるビタミンB12やビタミンB1、ビタミンC、亜鉛や鉄分もめまいや頭痛の改善に効果があります。バランス良く更年期サプリメントを利用してみるのが良いと思います。

運動をする

適切な運動も更年期のめまいや頭痛に効果があることが最近分かってきました。運動の中でも、有酸素運動が有効で、ジョギングをしたり、ヨガをしたり、サイクリングやプールの中を歩くといったことも効果があります。

ストレスにならないよう楽しく運動することが大切です。身体を壊さないように、ストレッチをきちんとしてから運動を行うようにしましょう。運動をすることは、体力を向上させ、脂肪も代謝させます。生活習慣の予防にもつながりますので、運動は大変おすすめです。

病院を受診する

めまいや頭痛には大きな病気が原因となっている場合があります。更年期の障害と決め付けずに、なかなか良くならない場合は病院を受診しましょう。

めまいや頭痛がする主な病気として、メニエール病や、脳卒中、前庭神経炎、突発性難聴などが挙げられます。命に関わることもありますので、専門医に診てもらうことも大切です。

更年期のめまいや頭痛をできるだけ改善しよう

40代から50代のめまいやふらつき、頭痛は更年期障害の一つであることが多いです。更年期特有の悩みと上手に付き合っていくためにも、症状の改善目指して生活していくことが重要です。サプリメントや食事や生活習慣の乱れを整え、健康な毎日を送りましょう。