なにもやる気が起きない・ダルさは更年期障害かも!原因と改善法

やる気なし・だるい更年期の原因

とにかく体が重い、何もする気が起きないという時ってありますよね。もしかするとそれは更年期障害が原因かもしれません。

更年期では体のダルさ以外にも何もしていないのにのぼせる、汗を書き続けるといった症状や逆に寒気が止まらなくなるといった症状もあります。

今回はそんな更年期障害の原因と改善や予防のために行いたいことを紹介していきます。

更年期障害になってしまう原因は?

更年期障害はある年代になるととても発症しやすくなる病気です。なぜ更年期障害が起こってしまうのか、その原因を見ていきましょう。

更年期障害はホルモンバランスの崩れが原因

女性は一般的に45歳から55歳くらいになると卵巣の機能が低下してきてしまいます。これは誰しもが起こるものです。発生してしまうのがホルモンバランスの崩れです。女性ホルモンが減少すると、体内での様々なトラブルが起こってしまいます。

特に怖いのが、脳が混乱してしまうということです。体のバランスを整えるために女性ホルモンが必要だと脳は訴えるのですが、卵巣の機能低下により満足行くホルモン分泌ができなくなります。すると様々な症状を引き起こしてしまいます。

これらを更年期障害と呼びます。男性でも同じことです。男性の場合は男性ホルモンが減少することによってホルモンバランスが崩れ、更年期障害を引き起こしてしまう場合があります。

精神面での発生原因も

ホルモンバランスの崩れが肉体的原因だとすると、もう一つの発生原因がストレスなどによる精神面での原因です。仕事や家庭でのストレスにより、これが更年期障害の原因になってしまうという人もいます。

どちらかだけが原因でなく両方が重なることによって更年期障害を引き起こす場合もあります。40代、50代という年代は親の介護や子供の自立など生活に大きな変化が表れることも多い時期です。

こういった変化に耐えられずストレスを溜め込んでしまうという方も数多くいます。

更年期障害の症状は?実は様々な症状があります

更年期と言えば体のだるさや火照りが有名ですが、それ以外にも数多くの症状があります。

謎の体調不良は実は更年期が原因かもしれません。

特に多いのが神経トラブルの症状

更年期障害には数多くの症状があります。特に多く見られるのが神経系の症状です。頭痛やめまい、物忘れが多くなってしまうのも神経トラブルの更年期障害の症状です。

この他にも発汗や動悸がするという場合も血管神経に更年期障害が影響を与えている可能性があります。ひどい場合には日常の行動もできないほど辛い場合もあります。そういった場合は無理をせずに安静にするようにしてください。

肉体的な症状も現れます

更年期障害になった女性にとても多く現れる症状が肩こりや腰痛といった肉体的な痛みです。筋骨格の弱まりと更年期障害が重なることによってこの年代に特に発生しやすくなっています。関節痛になってしまう人をいて、そうなると指を動かすのも辛いというほど症状が重くなる人もいます。

消化器官にも注意して

もう一つ更年期障害でよく見られる症状が消化器官のトラブルです。なかなか食欲が出ない、便秘気味だという人はもしかすると更年期障害が原因かもしれません。吐き気をもよおす場合もあるので、こちらも無理はしすぎないようにしてください。

更年期障害を改善するために必要なことは何?

日々の生活を改めることで更年期障害は改善される場合があります。上手に乗り切るための改善方法を紹介していきます。

自分だけのストレス解消法を見つける

更年期障害の原因になりやすいのがストレスです。このストレスを軽減できる方法がないか探ってみましょう。ストレスを解消する方法はなんでも大丈夫です。

旅行に行くのもいいですし、新たな趣味を探すというのもとてもいいことです。とにかく何かやりがいのあることを見つけることでストレスを溜め込まずに生活できるように心がけてみてください。

軽い運動をする

もし新たな趣味として何をしたいかわからないという場合は、ウォーキングなど軽い運動を趣味にしてみるというのはいかがでしょうか。

運動不足も更年期障害の原因になります。朝や夜、いつでもいいですので歩く時間を見つけてウォーキングを日課にしてみてください。すると睡眠の質も上がります。

睡眠不足もよくないことです。日々の生活に運動を取り入れることによって、眠りやすくなり、睡眠不足になることを防ぐこともできます。ウォーキング以外におすすめなのが水泳です。激しく泳ぐ必要はなく、プールの中を歩くだけでもとてもいい運動になります。近所にあるプールを探して一度訪れてみるのもおすすめです。

食事の改善も重要

食べるものを改めるということも更年期障害改善に効果のある行動です。女性におすすめなのが、大豆製品です。大豆にはイソフラボンといった成分が含まれているのですが、これは体内に入ると女性ホルモンと同じ働きをしてくれるのです。

そのために不足してしまった女性ホルモンを補ってくれる働きがあるのです。大豆はその他にも食物繊維も豊富なために腸などの体内環境を整えてくれる働きもあります。健康ととても密接な関係にあるのが大豆です。納豆や豆腐などの大豆製品を意識して食べるようにしてみてください。

男性におすすめしたいのが亜鉛です。亜鉛には男性ホルモンの生成を補助する働きがあります。亜鉛が多く含まれている食材といえば、魚介類や海藻類、それにナッツなどです。牡蠣などの貝類はとても多く亜鉛が含まれています。これらを食べるようにしてみましょう。

サプリメントも活用してみてください

おすすめの食事で紹介した栄養素ですが、これらを毎日摂り続けるというのも中々大変なことです。そんな時にこそ活用したいのがサプリメントです。

サプリメントもいろいろな種類があり、更年期障害におすすめのサプリメントといったものも用意されています。

更年期障害に効果のある成分をすぐに摂取することができるので、毎日の食事と合わせて飲むようにしていきたいですね。

医療機関に頼るのも大切なことです

もし日常生活に支障が出るほどに症状が辛い場合には医師の診察を受けるということも大切です。ホルモン補充療法といった治療を行っている病院もあるので、それを受ければぐっと楽になるという人もいます。

この他にも漢方による治療やストレスを軽減するための精神薬を処方してくれる場合もあります。どうしても辛い時には我慢せずに病院に行きましょう。

更年期障害で病院に行く際に何科で診察してもらえばいいのかわからないという人が数多くいます。女性ならば婦人科がおすすめです。もし男性であれば内科や心療内科にいくのがいいでしょう。

もし婦人科がない病院であれば女性でも内科で診察してもらえば大丈夫です。病院によっては更年期専門外来といったものが用意されている場合もあるので更年期障害の自覚がある場合にはそちらに行くといいですね。

まとめ

更年期障害の症状や改善方法について紹介しました。多くの人がかかりやすい病気ですが、症状が重くなるととても辛いものです。症状が軽い、もしくは無い頃からでも運動や食事に気をつけて更年期対策を行っていってください。

サプリメントを活用するというのもとても効果的な方法です。どうしても辛い時には病院に頼ることも考えて、無理せず更年期を乗り切れるように頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です